評価をしない評価制度

「評価をしない評価制度」とは、
文字通り、上司や経営者が「部下の評価をしない」で運用を行う人事制度のことです。

人事評価が機能しない、うまくいかない原因のほとんどが、
「上司が部下を評価する」ということに付きまとっています。

詳細をここに掲載していきます。